C#

【C#】クラスのプロパティにループでアクセスする方法

今回はループ処理を使ってクラスのプロパティにアクセスする方法を紹介します。

普通に一つ一つプロパティにアクセスするならこんな感じで1行づつ書くのが普通ですよね。

でもC#のリフレクションの機能を活用すればループ処理を使ってカンタンにプロパティにアクセスできます。

クラスの持つメソッドでGetType()でクラスの型を取得し、そこからGetProperties()でプロパティの配列を取得することができます。便利ですね。

これを実行した結果が以下になります。

大量にプロパティを持つクラスで全プロパティに対して処理をしたい場合とかはラクです。