プログラミング

プログラマー必読のおすすめオライリー本20冊

こんにちは、ボムクン(@bombkun1)です。

今回はプログラマーの方なら一度は目にしたことがあるオライリー本にオススメのものを紹介します。

どの本もボリュームがありますが、しっかりと知識が身に付く内容なので是非チェックしてみてください。

プログラミング手法についてのオライリー本

C実践プログラミング

単純にC言語の書き方を解説しているだけでは無く、言語仕様や設計やデバッグのためのテクニックが満載。これからC言語を学びたい人や、もっとC言語を深く知りたいという方におすすめの一冊。ドキュメント作成や保守の仕方等、単純なコードを書くこと以外も書かれていているので、開発全般を学んでいきたい人にも丁度良い。

プログラミングPerl

ラクダ本として有名な一冊。Perlは大昔から使われていて今でも多くのプロジェクトで使われている優秀な言語。JavaScriptやRuby等を使っていてあまりPerlを知らない人も是非この本でPerlを一度知っておくべき。言語開発者のラリー・ウォール本人も出版に携わっているので言語仕様までよく知れる。

JavaScript

こちらはサイ本と呼ばれている。ボリュームが大きいので読み応え十分な一冊。普通のプログラミングやサーバーサイドJavaScriptについても書かれているのでWeb業界で今後食べて行きたいなら是非読みたい。

プログラミングC#

created by Rinker
¥5,184
(2019/04/19 14:14:16時点 楽天市場調べ-詳細)

バージョンアップを続けるC#に合わせて7版まで出版されている。書き方に自由度があるC#だけあって、一般的なコードの書き方から、マニアックな構文までサンプルコード付きで紹介されている。本の厚みはあるが入門用にも良い。

リーダブルコード

オライリー本の中では一番人気の本。どうやったら読みやすいコードが書けるのか、モジュールの役割をはっきりさせるための書き方、特定言語に縛られない解説内容がすごく良い。Web系、オープン系、組み込み系のどの分野のエンジニアにもおすすめできる一冊。

デバッグテクニックについてのオライリー本

実践 デバッグ技法

printfでしかデバッグしたことが無い人は是非とも読んでおきたい。また、IDEでのデバッグしか使っていない人もこの本を読めば内部でデバッガがどのように動いているのかが良く分かる。デバッグ初心者には丁度良い。

Debug Hacks

デバッグを極めたいならこの一冊。Linuxカーネルの開発に携わっているエンジニアが書いた本なのでマニアックなデバッグテクが満載。gdbのデバッグ用のコマンドで普段使ってないようなマニアックな使い方も学べる。デバッグを極めたいなら一度読んでおきたい。

構成管理についてのオライリー本

実用 Subversion

多くの会社で使われている構成管理ツールSVNの使い方についての解説本。リポジトリのレイアウトやリポジトリのマージの上手いテクニックについて書かれている。SVNを使っているけどコミットと更新位しか知らないって人は是非読んで使いこなせるようにしたい。

実用Git

Linuxカーネルの開発やgithubで広まったバージョン管理ツールGitの解説本。分散型のバージョン管理ツールとしてのコマンドの使い方、マージのやり方等が詳しく解説されている。GitやSVNなんて知らないって人には少し難しめの内容。ある程度バージョン管理ツールを使えるようになってから読みたい一冊。

GNU Make

私たちが何気なくやっているメイクの仕組みを詳細に紹介した一冊。普段IDEで開発しておりビルドすれば勝手に実行ファイルができてしまうけど、どんな仕組みで動いているのか知らないという人にはちょうど良い。メイクファイルの良い書き方も書いているので開発現場で十分に活用できる。

開発手法についてのオライリー本

アート・オブ・アジャイル デベロップメント

アジャイル開発の手法についての本。アジャイル開発特有のリファクタリング、ペアプログラミング、テストファーストの考えが学べる。開発現場にアジャイルの手法を取り入れたいならこれを読めばメリットが良く分かる。

テスト駆動開発による組み込みプログラミング

アジャイル開発の中で行われるテスト駆動開発に焦点を絞って書かれた本。組み込みの現場では実環境でのテストが非常に難しくコストも大きいため、いかに簡単にコードをテストするかが書かれている。バグに苦しむ組み込みエンジニア向けの書籍。

プロジェクト管理についてのオライリー本

アート・オブ・プロジェクトマネジメント

著者のマイクロソフトでのプロジェクトマネジメントの経験が凝縮された一冊。スケジュール管理、見積もり、リスク管理等が数値で分かりやすく解説されている。プロジェクトマネージャーになりたいなら必読。

プロジェクト・マネジャーが知るべき97のこと

プロジェクトマネジメントにおけるTips的な内容が散りばめられた一冊。問題解決、顧客へのアプローチ、マネージャーの振る舞い方についての参考になる内容が沢山書かれている。プロジェクトマネジメント知識はあるけど、上手くやれてない人に読んで欲しい。

開発効率化についてのオライリー本

詳説 正規表現

正規表現が初めての人でも、普段使っている人でもおすすめの一冊。Perlを使ってサンプルコードで書き方が紹介されていて分かり易い。Perlに限らず正規表現は普通の仕事でも多用できるので学べば効率化間違いなし。

エンジニアのための時間管理術

技術というよりもエンジニアの時間管理に焦点を当てた一冊。作業リスト、カレンダーの管理、割り込みへの対処法について書かれている。時間を上手く使えてなくて仕事に追われているエンジニアは一度読んでおきたい。

ネットワークについてのオライリー本

詳説 イーサネット

昔からずっと使われていて今もインターネットを支えるイーサネット技術について書かれた一冊。イーサネットの歴史や構成している要素について詳しく解説されている。ネットワーク系のエンジニアなら入門用に読んでおきたい。

ライフハックについてのオライリー本

リファクタリング・ウェットウェア

―達人プログラマーの思考法と学習法

プログラマーの心理についての研究本。技術習得のための秘訣、脳の構造(Lモード、Rモード)、脳を上手く使って効率よく学ぶテクニックが書かれている。技術の勉強に飽きたら休憩がてら読んでみよう。

プログラマのためのサバイバルマニュアル

プログラマとしてIT業界で食べていきたいなら読んでおきたい一冊。コードの良い書き方、プロジェクト管理、チームワークのためのコミュニケーション術という開発全般で使われる知識が書かれている。それぞれそこまで深く書かれている訳では無いが読み物として面白い。

プログラマが知るべき97のこと

全てのプログラマにおすすめできる一冊。プログラミング言語、良いコーディング、バージョン管理、設計の原則等の内容が学べる。著名なスーパーエンジニア達からの指南書的な書籍。開発に関しての知識だけでなく、考え方も学べる良書なので是非読んでおきたい。