プログラミング

TechAcademy(テックアカデミー)の口コミ・特徴・評判を徹底解説

今回はこれからプログラミングのスキルを身に付けたいと考えているあなたに、オンラインプログラミングスクールの「TechAcademy(テックアカデミー)」の紹介をします。

プログラミング勉強しているけど上手くいってないとか、プログラミングスクールたくさんありすぎて迷っているなら内容をしっかり読んでみてくださいね。

TechAcademyで無料体験をしてみる

TechAcademyの特徴

TechAcademyはオンラインで受講することができるプログラミングスクールです。

オンラインで受講できるため、一般的なスクールのように勉強しに歩いて通ったり、決められた時間に決められた場所に行く必要は全くありません。自宅にいながら、自分の好きな時間に受講することができます。

TechAcademyの大きな特徴として、1人では続かない方のための短期集中プログラム「オンラインブートキャンプ」を採用しています。

オンラインブートキャンプとは、受講者1人に対してメンターが1人付いて不明点等を常時サポートしながら進める受講制度です。受講者は分からないところがあればメンターに質問ができるし、提出した課題に対してできている箇所やできなかった箇所のフィードバックももらえるので短期間でいっきにスキルアップすることができます。

TechAcademyの評判・口コミ

TechAcademyを受講したかたのTwitterでの評判をまとめてみました。

やはりメンターによるサポートの制度が結構評判良さそうですね。

https://twitter.com/ayaya_shukatsu/status/1031443232083722240

https://twitter.com/kikutantoeic/status/1036229319700316160

TechAcademyの料金

TechAcademyの受講料金はコースと受講期間により違いがあります。最安値だと「はじめてのプログラミングコース」の4週間プランで89000円~。(学生の場合は69000円~)

(参考)はじめてのプログラミングコースの場合

1週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
料金
社会人89,000
   学生69,000
社会人119,000
     学生89,000
社会人149,000
 学生109,000
社会人179,000
 学生129,000
メンタリング 4回 8回 12回 16回
チャットサポート 15〜23時(8時間)
学習時間の目安(1週間) 6~12時間 3~6時間 2~4時間 1~2時間

TechAcademy以外の多くのプログラミングスクールは受講に10万、20万が当たり前だったりするので、他のスクールと比較してもとても良心的な料金と言えるでしょう。

支払いには分割払いを使うことも可能です。

  • 社会人:月々3,291円~
  • 学生:月々2,875円~

TechAcademyで受講できるプログラミングコース

TechAcademyのプログラミングコースは全部で18種類用意されています。

  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • はじめてのプログラミングコース
  • ブロックチェーンコース
  • スマートコントラクトコース
  • AIコース
  • Pythonコース
  • Scalaコース
  • Node.jsコース
  • Google Apps Scriptコース
  • Scratchコース

たくさんのコースがあるため、どれから始めるべきか迷ってしまいますよね。

私なりにタイプ別のオススメコースプランを作成したので参考にしてください。

タイプ①:プログラミングなんて全くやったこと無い人

  • はじめてのプログラミングコース

タイプ②:自分でオリジナルのWebサービスを作ってみたい

  • Webアプリケーションコース
  • PHP/Laravelコース
  • フロントエンドコース

タイプ③:面白いゲームアプリを作ってみたい

  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース

どのコースもTechAcademyが資料をしっかり作りこんでいるので、講義内容や課題がとても充実しています。スキルが身に付くことは間違いないです。

TechAcademyで使う開発ツール

TechAcademyではプログラミングの勉強はもちろんのこと、プログラミングで使う開発ツール等のの知識も合わせて身に付けることもできてしまいます。

以下は使用するツールの例です。

  • AWS Cloud9
  • Slack
  • Git/Github
  • Google Chrome
  • Gyazo
  • SQL
  • Heroku

受講するコースによって違いはありますが、TechAcademyでは上記のような開発関連ツールを使いつつプログラミングを学びます。

これらの中で多くの会社で特に使われているのはSlackやGit/Githubですね。

Slackはチャットソフトでオンラインでつながっているメンバーとチャットでカンタンに会話ができます。メンバー同士のコミュニケーションツールとして使われることが多いので覚えておけば就職後もとても役に立ちます。

Git/Githubはバージョン管理ツールにです。バージョン管理ツールというのは言わばタイムマシンのようなもので、過去に書いていた状態のプログラミングコードにいつでも戻すことができるツールにです。数あるツールの中でも特にGitは多くの会社で使われているので、覚えておいて損は無いでしょう。

TechAcademyで学ぶメリット

充実したメンターサポート

週に2回ビデオチャットを使ってパーソナルメンターからのマンツーマンサポートを受けられます。

チャットでは分からないことの質問ができ、質問をするとメンターからすぐ回答をもらうことができます。メンターには課題ができるようになるまで何度でも質問ができるので、分かるまでとことん頑張れるのがとてもありがたいですね。

TechAcademyのメンターはみな現役で活躍しているエンジニアなので、ネットの掲示板やQAサイトで知らない人に質問するよりも参考になる回答がもらえるでしょう。

質問に対しての回答ももろんすぐにもらえるので、ストレス無くプログラミング課題に取り組めます。

短期集中の充実したカリキュラム

TechAcademyの受講期間はいずれのコースも4~16週と短期間です。

通常のプログラミングスクールの場合だと、1~2年かけてプログラミングを学ぶということも多いですが、それと比較するとTechAcademyはとても短期集中型と言えるでしょう。

ただし、短期集中といってもカリキュラムはとても充実しています。

各コースでは、複数のレッスンが用意されており、そのレッスンの中でコードの書き方や意味を1つ1つ学びます。レッスンの最後にはプログラミングの課題が用意されているので、学んだことを生かして課題を解いていく形式になります。

課題は完了後したらメンターが内容を見てくれますが、解けていないとメンターからのつっこみが入るので、できていることとできていないことが明確になります。

受講はしてみたものの、結局スキル身に付かなかったなんてことにはならない仕組みになっているのがとても良いポイントですね。

受講後も教材が使える

一般的なオンラインスクールの場合、受講が終わると使用していた教材やサービスが使えなくなるのがあたりまえです。

スクールで学習している最中は覚えていたことでも、終わってから2、3か月経つとすっかり内容を忘れてしまうというありませんか?

TechAcademyならカリキュラムで学習していた時の教材や自分がプログラミングした時のコードも残しておいてくれるので、カンタンに学習内容のふりかえりができます。

受講期間が終わっても使い続けることができるのはとてもうれしい特典ですね。

TechAcademyの参加要件

TechAcademyに参加するには以下ような要件があります。

  1. 必要なメンタリング回数をこなすことが出来る
  2. 期間内に必要な学習時間を確保出来る
  3. MacかWindowsのPCを持っている
  4. Google Chrome を利用できる
  5. PCの基本的な操作が問題なくできる

③~⑤の要件については家にパソコンがあり、インターネットが使える位のレベルならカンタンに満たすことできるでしょう。

①、②については時間が確保できるかどうかです。日中仕事をされている方は先のスケジュールを見て時間が取れるかどうか確認しておきましょう。

TechAcademyをおすすめしたい人

TechAcademyは以下のような人におすすめです。

  • 将来プログラミングを使った職業に就きたい人
  • プログラミング未経験だがプログラミングを使う職業へ転職したい人
  • プログラミングスキルは既にあるが、他の言語も学びたい人

多くのコースが用意されているので、プログラミング初心者でも既にプログラミングを学んだことがある人にも受講する価値はあります。

TechAcademyの無料体験

いきなり受講申し込みするのはお金もかかるのでちょっとなぁ。。という方のためにTechAcademyでは無料体験もやっています。

無料体験でできることをカンタンに紹介しておきますね。

  • 1週間の無料体験期間
  • 無料体験のカリキュラム受講
  • 期間内はメンターの方とのチャットし放題

オンラインスクールの経験が無い方や、過去に別のオンラインスクールで失敗した経験がある方はまずは1週間の無料体験を受けてみるのが良いでしょう。無料期間が終わったら、その後受講料を払い継続するかどうか決めればいいだけなので。

まずは無料体験でお試ししてみたいという方はこちらから▼

TechAcademyで無料体験をしてみる

まとめ

今回はプログラミングスクールのTechAcademyについて詳しく紹介しました。

プログラミングスキルは今までの時代は一部の限られた人だけにしか必要とされないスキルでしたが、テクノロジーの進歩で今後一般の人でも必要になるスキルです。

TechAcademyはオンラインスクールなんて試したことが無い人、これからプログラミングを始めてみようと思っている人にはとてもオススメなので、興味があるならぜひ一度お試ししてみるとよいでしょう。

TechAcademyで無料体験をしてみる